シャンソンとの出会い

日本大学藝術学部在学中から、美輪明宏氏にシャンソンの薫陶を受け、「シャンパーニュ」、「ピギャール」、「青い部屋」などの著名シャンソニエにレギュラー出演。

歌手としての活動〜渡米

卒業後、結婚、渡米し、インディアナ大学大学院修士課程に進みコミュニケーション学を履修。

長男を出産後、ニューヨーク州スカースデール市に移り、長女を儲ける。

インディアナ大学
インディアナ大学

フォーダム大学教育学大学院から心理カウンセリング専攻マスター・オブ・サイエンス修士号取得。ニューヨーク州カウンセラー認定資格者となり、セント・ジョンズ小中学校、慶應義塾ニューヨーク高等学院でカウンセラーを務めると同時に、マンハッタン、メトロポリタンタワーで、在留邦人の海外適合障害、国際結婚、子女教育問題の心療を専門とするカウンセリングオフィスを開業。

フォーダム大学
フォーダム大学
セント・ジョンズ小中学校
セント・ジョンズ小中学校
慶應義塾ニューヨーク高等学院
慶應義塾ニューヨーク高等学院

帰国後、プロとして

並行して、ホフ・バーセルソン音楽院にて声楽を履修、豪州出身でサウンディングの権威であるマーガレット・ガードから15年に渡り専門技術を習得。
20年以上の滞米生活を終え、04年帰国、渋谷、銀座の心理カウンセリング事務所に勤務後、09年、東銀座で事務所を開業、10年から元麻布に移転しカウンセリング業務を継続している。

ホフ・バーセルソン音楽院
ホフ・バーセルソン音楽院

05年から歌手活動を再開、ウエスティン大阪、京都タワーホテル、椿山荘、指宿伝承館などでコンサートを開催、日本郵船「飛鳥」極東クルーズにも出演。JALシティー四谷、東京FM「ジェットストリーム」に定期出演後、11年から原宿「ラドンナ」でのディナーショーを四半期毎に開催、中目黒「楽屋」でも定期的にアコースティック・コンサートを興行し毎回チケットは完売、関東圏でのホール・コンサートも多い。

ジェットストリーム
ジェットストリーム
ラドンナ
ラドンナ
飛鳥
飛鳥

14年にエイベックス・ヴァイブ・プロダクション社長自らが制作を指揮したCD「C'est si bon」を発売、17年には新たな邦楽を含むアルバムをリリースする予定。
シャンソンのみならず幅広い楽曲を取り入れた独自の音楽性を追求、展開している。